東北新幹線の停車駅とは

image 東京、上野、大宮、小山、宇都宮、那須塩原、新白河、郡山、福島、白石蔵王、仙台、古川、くりこま高原、一ノ関、水沢江刺、北上、新花巻、盛岡、いわて沼宮内、二戸、八戸の計21駅。
東北新幹線はJR東日本の所有。全長路線距離は631キロ。年間の輸送人員は8,168万人(2005年)で東海道新幹線の14,350万人に次いで利用者の数が多く山陽新幹線の6,057万人よりも多い。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

東北新幹線の歴史

image ドルショックや大久保清事件のあった1971年(昭和46年)に着工。1982年に大宮〜盛岡間で開業。当初の列車は「やまびこ」「あおば」。その後、大宮〜上野へと工事は進み、東京駅に乗り入れたのは1991年。2002年に盛岡〜八戸間が開業する。
2011年春に八戸〜新青森の開業を予定している。

ミニ新幹線とは

「フル規格新幹線」と異なり、在来線の線路を改良・利用(共用)して高速旅客移送を行う鉄道のこと。山形新幹線と秋田新幹線がこれにあたる。鉄道(線路)、トンネル、鉄橋など新規に建設しなくて済むことから、比較して新幹線の地方導入がしやすい。
ちなみち整備新幹線とは北海道新幹線、東北新幹線、北陸新幹線、九州新幹線鹿児島ルート、九州新幹線長崎ルートの五つの新幹線のこと。全国新幹線鉄道「整備」法に基づいて計画が進められることからそう呼ばれる。

東北新幹線の列車

【はやて】
最高速度:275km/h。デビュー年:2002年12月。八戸〜盛岡間を約35分、八戸〜仙台間は平均1時間30分、東京までを3時間10分程度で結ぶ人気列車。全席指定。
【やまびこ】【なすの】
最高速度:275km/h。デビュー年:1997年3月。「はやて」が東京〜八戸を結ぶ特急鉄道であるのに対して、「やまびこ」は東京〜(仙台)盛岡まで、「なすの」は東京〜郡山までの各駅間輸送を行う。
(2008年8月現在)

東北新幹線の停車駅