澤昌克が柏に移籍

image 2008年7月、各スポーツ新聞にJ1柏がペルー1部リーグのシエンシアノからFW澤昌克(25)を完全移籍で獲得したという記事が踊りました。南米リーグに詳しい方の間では鹿島アントラーズが獲得に動いているという情報もあり、動向が注目されていましたが、柏に決定したようです。
高校卒業後、単身南米に渡り、アルゼンチンリーグの5軍という厳しい環境から生き残り、這い上がり、ペルーではペルー代表となってほしいと、国籍の取得を依頼されたともいう逸材なのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

澤昌克のプレイスタイル

image ポジションは中盤、両サイド、トップ下、フォワードとポリバレントな役割をこなすことができます。身長173センチ、体重70キロと小柄な体格ながら、アグレッシブなドリブルで攻撃をしかけ、ゴールまで狙えるスピードと決定力が持ち味。
南米で鍛えられた精神力と決定力はJリーグはもちろん、代表候補として注目されるのは間違いありません。

澤昌克個人史

茨城県守谷市出身
1983年 1月12日生まれ
2001年 千葉県中央学院高校卒業
2001年、アルゼンチンのリーベル・プレイトで5軍からプレイ。
2005年 ペルーのスポルティング・クリスタルに選手契約。
2006年 ペルー南部のタクナにある、ボロネーシに移籍19試合出場し5ゴール
2007年 ペルーのリマを本拠とする、古豪デポルティボ・ムニシパルへ移籍。
2007年 ペルーリーグ1部シエンシアーノに移籍。ペルーリーグ外国人最優秀選手に選ばれる。
2008年 J1柏へ移籍決定

ペルーリーグ1部シエンシアーノとは

los 'rojos'(ロホス)と呼ばれる。直訳は「赤い人々」の意味でそのユニフォームから呼称される。
1901年に創設されたクスコ(インカ帝国の首都)を本拠とする古豪チーム。別名「インカのチーム」とも呼ばれ、ペルーのクラブチームとして初めて国際大会(南米杯2003)で優勝。更にリベルタドーレス杯2003のチャンピオン、ボカ・ジュニオールズ(アルゼンチン)との南米No.1決定戦レコパ・スダメリカーナでも勝利し、ペルーのクラブとしては初めて南米No.1の座に輝きました。

澤昌克ペルーの宝