コエンザイムq10は脂溶性が中心だった

image コエンザイムq10が脂溶性の物質であるということは、水に溶けにくいということです。サプリメントとして錠剤などになったコエンザイムq10を空腹時に水で飲んでも、体内で消化されにくく、非常に効率が悪いということが指摘されています。そのため、食後すぐに服用し、脂分などと一緒に摂ることを薦める方もあるようです。せっかくサプリメントを買って、そして飲んでも、それがほとんど吸収されていないとなると大きな無駄でしかありません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コエンザイムq10が水溶性で吸収されやすくなる

image そこで開発されたのが、水に溶けて飲みやすく、そして体内に吸収もされやすい性質をもつ、水溶性のコエンザイムq10です。最新の微細粉末化技術によってでんぷん質の皮に閉じ込められたコエンザイムq10は胃腸の中で、吸収されやすくなったのです。

一日に必要なコエンザイムq10の量

食品から摂ることのできるコエンザイムq10の量はとても少ないのです。必要な補給の目安として一日60mgを摂ろうとするとイワシで10〜12匹、牛肉では2kgを食べなければ摂れないと言われているためサプリメントで補給するのが一般的です。水溶性のコエンザイムq10であれば、食後などを気にせず、10rの錠剤を2錠、一日三回に分けて飲むなど気軽に摂取できます。

コエンザイムq10に期待される効果とは

心臓筋肉の働きを活性化して血液の循環を助ける効果。高血圧や糖尿病など生活習慣病の予防効果。体内でエネルギー生産を活発にすることからダイエット効果。抗酸化作用の強化によりアンチエイジング効果など。

コエンザイムq 水溶性