国民宿舎 ひびきってこんな宿

image 昭和52年に建築された鉄骨5階建ての民営国民宿舎。民営国民宿舎とは(財)国立公園協会が指定している旅館のことで、多くが国定公園や国立公園などの景勝地に立地し、リーズナブルな料金で利用できる。展望自慢のレストランだが、その味には定評があり、宿泊者以外からの客も多い。回転寿司屋を別に経営するほで、名物あらかぶ煮付け定食など滅多に食せない名物もある。ひびきは和室を中心に全28室。大宴会場や会議室、レストランを備え、スロープやエレベーターなど車椅子の障害者にも配慮の行き届いた国民宿舎。
【住所・電話番号】 〒811-3512 福岡県宗像市鐘崎79-6 Tel: 0940-62-1288 Fax: 0940-62-3311

スポンサードリンク

スポンサードリンク

交通アクセス

image 【電車の場合】JR鹿児島本線赤間駅または東郷駅より鐘崎行きのバスで約30分。鐘崎車庫前下車徒歩10分。15名以上の利用で送迎が可能。
【お車の場合】九州自動車道古賀インターチェンジより国道3号線、県道495号線を経て20km。福岡市、北九州しからは約1時間。

アクティビティと観光。料金は

宿舎からは宗像大社や鎮国寺まで車で10分。海は目の前の鐘崎海水浴場や深浜海水浴場が徒歩圏。黒松林が美しいさつき松原も車ですぐ。海水浴、フィッシング、ゴルフなどのアクティビティを存分に楽しむことができる。
大人一名につき一泊二食での料金が8,086円〜。正確な料金は必ず宿舎までお問い合わせを。

口コミ・評判

外観は正直あまりパッとしないが、目の前の海は美しく、料金も安く食事がおいしいので大満足。レストランでは、鯖の刺身をいただいたが、玄鯖と呼ばれ、脂ののりといい関鯖にも匹敵するおいしさ。刺身はもちろんてんぷら、煮物などもおいしく、魚にハズレなし。

国民宿舎 ひびき